09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --

[edit]

go page top

これは酷い! 『魔女の宅急便』実写版のポスターとPV公開


1: ネックハンギングツリー(愛知県)2013/10/26(土) 06:08:11.46 LSoYZs6fP BE:3687825479-PLT(12122) ポイント特典



映画「魔女の宅急便」特報PV
http://www.youtube.com/watch?v=YfukYViB49c

2014年3月1日に公開予定の実写版「魔女の宅急便」(清水崇監督)のティザーポスターが26日、公開された。
ポスターは、主人公の魔女・キキを演じる新人女優の小芝風花さんを全面に押し出したデザインで、黒猫も登場。
小芝さんの直筆で「はじめましてキキですっ!!」というコピーが書かれている。
また、キキがほうきに乗り、大自然を飛び回るイメージの特報映像も公開された。

 小芝さんはポスターについて「自分の顔が大きくてどーんと出ていることにびっくりしたけど、表情も赤という色も活発なキキのイメージにぴったりだなと思いました。
とても目が引くポスターだと思うので、早く皆さんに見てもらいたいです!」とコメントを寄せている。

 「魔女の宅急便」は1985~2009年に全6巻が発表された角野栄子さんの児童文学。
魔女のしきたりに従って、13歳で親元を離れた魔女・キキの成長を描く。
89年にはスタジオジブリの宮崎駿監督によって劇場版アニメ化され大ヒットを記録した。
映画は、宮沢りえさんがキキの母・コキリ、筒井道隆さんが父・オキノ、尾野真千子さんが海辺の町コリコでキキが居候するパン屋・おソノ、
山本浩司さんがおソノの夫でパン職人のフクオ、広田亮平さんが人力飛行機で空を飛ぶことを夢みる少年・とんぼを演じる。(毎日新聞デジタル)

http://mantan-web.jp/2013/10/26/20131025dog00m200051000c.html




-- 続きを読む --
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0

[edit]

go page top

【速報】 旧皇族・竹田恒泰氏 「在日の通名は廃止する。それが日本の国益である。」

?d=a0

1: バックドロップホールド(愛知県)2013/10/26(土) 11:08:02.63 DVD8ceUx0 BE:4295100997-PLT(12122) ポイント特典

竹田恒泰 @takenoma

「通名」が在日特権なのは事実であり、在日の通名制度は廃止すべき。
廃止されて困る人が反対しているに過ぎない。ところが、もし通名制度が「特権ではない」なら、
なおさら廃止すべきだ。特権でない以上、廃止して困る人はいないのだから。
いずれにしても、通名は廃止すべし。それが日本の国益に叶う。

2013年10月25日 - 10:57
https://twitter.com/takenoma/status/393798427932254209



-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0

[edit]

go page top

【ヤラセ問題】 視聴者の信用を踏みにじったフジテレビの大罪


1:影のたけし軍団ρ ★2013/10/25(金) 15:16:39.82 ???0
視聴者の信用を踏みにじった

「これはひとつのバラエティー番組のヤラセ問題で終わる話ではありません」
厳しい口調でこういうのは上智大学の碓井広義教授(メディア論)だ。

23日に発覚したフジテレビの人気番組「ほこ×たて」のヤラセ問題。

20日に放送された特番に出演したラジコンカー世界王者の広坂正美氏(43)が、
「偽造された対戦の編集内容が余りにひどかった」と憤慨し、声を上げたものだ。

広坂氏は過去の対戦についても鷹や猿が相手のときにラジコンをゆっくり走らせたり、
猿が逃げないように首に釣り糸を巻き付けてラジコンで引っ張るように細工があったことなどを暴露。

同番組はバラエティーだが、愚直なまでのガチンコ勝負が最大のウリ。
「絶対に穴が開かない金属」対「絶対に穴を開けるドリル」などは職人同士がプライドをかけて激突する姿が感動を呼んだ。
批評家筋の評価も高く、優れたテレビ番組に贈られるギャラクシー賞も受賞している。

「低迷するフジテレビの中では数少ない“見るべきバラエティー”でした」と、碓井教授がこう続ける。
「小学生から大人まで、親子で楽しめる素晴らしい番組でした。これまでスポットライトが当たらなかった町工場の職人芸など
『モノづくり日本』の底力をバラエティーの形で見せてくれた。

それが、本来なら対戦が成立しなかった段階でボツにすべき内容を、自己都合でねじ曲げた。言語道断です。
もっと罪深いのは、ひとつのヤラセが原因で、これまでの真剣対決までが同じ目で見られてしまうこと。
ひいては、テレビ全体がそう見られ、視聴者からの信用を失う結果になることです」

ヤラセは今回だけでなく、他にも告発が相次いでいる。この問題は24日のNHK「ニュース9」でも詳報された。
フジテレビは27日の放送を自粛することを発表したが、打ち切り程度で済まされる話ではない。
http://gendai.net/articles/view/geino/145474

【社会】 “ヤラセは本当だった!” フジテレビ「ほこ×たて」の放送取りやめを発表…事実上の打ち切り★6
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1382673467/



-- 続きを読む --
tb: 0 |  cm: 0

[edit]

go page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

売れてるらしいぞ!

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。